笠間焼き・笠間市・茨城県・そば・うどん・手打ちそば・手打ちうどん

トップ>笠間焼き

笠間焼き

笠間焼き

笠間焼き 笠間焼きとは、茨城県笠間市周辺を産地とする陶磁器。

江戸時代中期(安永年間1770年代)から作られ始めた。名主久野半右衛門道延が、近江信楽の陶工長右衛門を招聘して窯を築き陶器を焼いたのが起こりとされている。のち笠間藩主の仕法窯として保護され、甕・摺り鉢などの日用雑器が作られた。

幕末から明治にかけては江戸に近い利点から、
大量生産の機会を得て技術者や従事者も飛躍的に増えた。
陶器商田中友三郎による「笠間焼」の広報・販路開拓が功を奏したという。
以後、時代の転換にともなって生産品の変化などを経て、
現在では300人に近い陶芸作家や窯元のいる窯業産地となっている。
関東地方では、益子と並ぶ大きな窯業産地として知られている。


そうなんです。
笠間市は全国有数の陶磁器生産のメッカなんです。
大小様々な窯元が点在しておりまして
関連イベントも年間を通じて行われています。
特に有名なイベントが陶炎祭(ひまつり)になります。

笠間焼きを堪能した後は
是非手打ちそば・うどんのお店パラダイスにお立ち寄りください!

笠間焼きについて詳しく知りたい方は下記サイトを御参照ください!

笠間焼協同組合(茨城県笠間市)

笠間市役所ホームページ

笠間市観光協会WEBサイト